[トップ] [履歴] [業績] [研究] [講義] [リンク]


研究内容

 環境経営論ないし環境経営学

環境経営学ないし環境経営論の構築を目指しています。ただし,経営学がプラグマティックな性格を有する点を重視したいと考えており,精緻な理論構築よりもむしろ,現実社会に利用できる研究成果を出したいと強く意識しています。

現在の主たる研究テーマは以下のようなものです。

  • 環境経営とイノベーションとの関係性創出のための社内環境教育のあり方の研究および教育の実践
  • ダンボールコンポスターを活用した市民向け環境教育・食育教材の開発および教育の実践
  • エコロジカルな大学キャンパスの実現に向けた研究および実践

近年の研究のキーワード

  • 環境経営,社内環境教育教材「環境連想ゲーム」
  • 環境教育,食育,持続可能な開発のための教育(ESD)
  • ダンボールコンポスター,体験型環境教育教材「にじいろタウン」

近年の研究・活動パートナー

  • 環境連想ゲーム:日本電気株式会社(NEC)環境推進部(環境連想ゲームの実践パートナーであるNEC液晶テクノロジー株式会社鹿児島工場は、2008年度 NEC CSR AWARDS 環境部門賞奨励賞受賞(環境コミュニケーション部門))
  • ダンボールコンポスター:鹿児島テレビ放送株式会社(KTS)、グリーン鹿児島農業協同組合(JAグリーン鹿児島)

以下のサイトも参照してください。