廃棄物資源循環学会九州支部ポスター発表会   優秀ポスター賞受賞

2013年5月18日(土)に福岡大学にて開催された平成25年度廃棄物資源循環学会九州支部研究ポスター発表会にて、研究室所属学生4名が指導教授と共に参加し、優秀ポスター賞を受賞しました。 25組のポスターの中から4組が優秀ポスター賞として表彰されました。また、この受賞の様子が鹿児島大学のトピックスに掲載されました。

◆タイトル
スイーツとファンドを特徴とする市民参加型生ごみアップサイクルシステム
〜ネットワーク型ソーシャルビジネスモデルの提案〜

◆論旨
ソーシャルビジネスモデルの展開にネットワーク組織を活用することが有効だと考えられるが、ビジネスのネットワーク化には利害対立が生じてしまう。 これに対し、エコスイーツ活動による実証を前提に、利害に中立な大学がファシリテーターとなることにより、ネットワーク実現への可能性が高まることを提案。

◆受賞後インタビュー
学生1:伝えること、そして理解してもらえることの喜びが、そこにはありました。
学生2:環境分野では、文系と理系の知識の融合が求められていることを、実感しました。
学生3:鹿児島大学以外の方々との意見交換が、とても刺激的でした。
学生4:学部生でもやればできる、チャレンジし続けたいと思いました。