生ごみを「たいひ」にしよう 野菜を育てよう 環境問題を知ろう 食べものについて知ろう ちょこっと★ひといき しつもんコーナー にじいろタウンへ戻る
トップ
地球温暖化
酸性雨
オゾン層の破壊
砂漠化
熱帯雨林の減少
海洋汚染
生物多様性
環境問題のつながり
しろくま先生の秘密





連想ゲームをしよう!

色々と旅をしてみたが,何となく環境問題というものがわかってきた気がするわい。 図にしてみたらいいんじゃないかのぅ。


環境問題の特徴

色々な友達に会うために環境問題の旅を続けてきたわけじゃが,おかげで環境問題の特徴がわかったぞい。
  1. 誰が加害者で誰が被害者というわけではなく,みんなで取り組んでいくべき問題じゃな。
  2. 特定の地域で問題になっているわけではなく,地球全体で考えるべき問題じゃ。
  3. 環境がいったん壊れてしまうと,その修復にはとても長い時間が必要だったり,もう修復できないこともありえるのぅ。
  4. いくつかの環境問題を見てきたが,それぞれの問題が相互に関係しておったわい。
特にのぅ,先生は4番目のことが気になったんじゃよ。


地球温暖化連想ゲームをしよう

ある環境問題が発生し,それが悪くなったら,別の環境問題に悪い影響を与えるようには思わんか?  それをまず,地球温暖化問題からスタートして,図にして考えてみようではないか。

温暖化連想ゲーム 左の図をクリックして,PDFファイルをダウンロードしてくれるかのぅ。A4サイズで印刷できるようになっておるから,印刷してみておくれ。

これは『環境問題連想ゲーム』じゃ。

まずためしに,「地球温暖化」から連想できることを,矢印の先に書き入れるのじゃ。 どんな影響があるかを考えても良いし,自分自身の行動でも良いし,とにかく矢印にしたがって思いついたことを書き込むのじゃ。

どうかな? ちょっと矢印を複雑にしてあるから,慎重に考えるんだぞい。最後まで書き込めたじゃろうか?

ひょっとしたら「書き込むところが少なすぎるよ!」と思っておる人もいるのではないかのぅ。 そうじゃ,それでいいんじゃ!

書き込むところが足りない人は,今度はもっと大きな紙の真ん中に「地球温暖化」と書き,自分自身で矢印や四角を書き込んで,連想ゲームを進めておくれ。 ただし,あまりたくさん書き込みすぎると見づらくなるので注意じゃ。

さて,連想ゲームが終了したら,自分自身で作り上げた絵をみて,地球環境問題がどのような影響を与えるのか,みんなで話し合ってみて欲しいのじゃ。 もちろん,大人の人と一緒にやるのもよいぞ。


地球温暖化連想ゲーム・パート2をしよう

今度はのぅ,ちょっとだけ条件をつけることにするぞ。

真ん中に「地球温暖化」と書くのは同じじゃ。だがのぅ,矢印の先に書くのは「良いこと」に限定するのじゃ。 「地球温暖化を食い止めるにはどうするか」と考えたり,「地球温暖化が止まればどうなるか」を連想してみておくれ。 そして,思いつくままに連想ゲームを進め,絵を完成させるのじゃ。


色々な環境問題連想ゲームをしよう

地球温暖化連想ゲームにには慣れたかのぅ? 慣れてきたら,今度は真ん中に自由に環境問題を書いてみるのじゃ。 そしてまた,同じやり方で連想ゲームを進めてみて欲しい。

悪いことが起きたり,逆によいことが起きたり,1枚の紙の上で思うままに連想ゲームを進めていいぞ。

この連想ゲームに答えはない。みんなが自分自身で考えたこと,それがとても大切な答えになっておるんじゃ。

そして,地球環境問題について,以下のことを感じて欲しいと思っておるぞ。
  1. 地球環境問題は,どこかが悪くなれば,その影響で別の部分も悪くなってしまう可能性がある。
  2. 逆に,どこかが良くなれば,その影響で別の部分も良くなる可能性がある。
  3. 環境問題を解決するために,自分自身のできる行動がいくつもある。
  4. みんなで環境問題に立ち向かえば,きっと地球をすくうことができる。
にじいろタウンのみんなは,環境問題を何とかしたいと思っておるよ。 そしてのぅ,何とかできるとも思っておる。 そのためにできることは今すぐに始めたいし,できれば楽しく行動したいとも思っておる。

ダンボールコンポスターからスタートして連想ゲームをしてみるのも面白いぞ。 ダンボール箱1つが大きな影響を与えることを,みんなに感じ取って欲しいのじゃ。

みどりのドキドキ・ワクワク:南北問題の壁
しろくま先生に教えてもらいながら,私も連想ゲームをしてみたわ。 地球温暖化から始めてみたり,熱帯雨林の減少から始めてみたり・・・。

やってみて分かったことはね,環境問題はつながっているから,だいたい同じような絵に仕上がるってことかな。 だからね,やっぱり私たちは何か行動を始める必要があるのよ。 そうすれば,色々な環境問題の解決に貢献できると思うわ。

それからもう1つ。常に壁となる問題があるような気がしたわ。 南北問題よ。
先進国の発展は,同時に環境問題を生んだと思うのね。 これから発展途上国が発展しようとすれば,また同じように環境問題が発生する可能性があるわ。 とても難しい問題だよね。

調べていくうちに持続可能性(持続可能な発展)という言葉が出てきたの。 「未来の人々の発展を邪魔することなく,現在の発展を目指すこと」と言えそうよ。

そうね,私もいつかは結婚して,子供を育てるはず。その子供が苦労するのは,やっぱり避けたいと思うわ。


−上に戻る−