生ごみを「たいひ」にしよう 野菜を育てよう 環境問題を知ろう 食べものについて知ろう ちょこっと★ひといき しつもんコーナー にじいろタウンへ戻る
トップ
いただきますとごちそうさま
日本の食糧自給率
お肉は好き?
食の南北問題
食べ物の旬
食べ物マップをつくろう
環境問題との関連





安い食べものを支えている人々がいる

バナナ,エビ,チョコレート,おいしい食べものばかりじゃな。 だけど,これらの食べものが安いのには理由があるぞ。


おやつの時間じゃぞ

おやつを食べるしろくま先生,まもる君,みどりちゃん お〜い,まもる君,みどりちゃん,おやつを一緒に食べないかい? 今日はコーヒーとチョコレートを用意しておるぞ。

チョコレートの原料であるカカオは,ほとんどがアフリカの貧しい国で栽培されておる。 現地の人々は収入を得るために一生懸命働いていると聞いておるぞ。 貧しい家では子供が学校にも行かず,働いているとも聞いておる。 だけど,カカオを栽培している人々はチョコレートをあまり食べたことがないそうじゃよ。 なぜなら,現地ではチョコレートはとても高くて,貧しい人々はそう簡単に買えないからなんじゃ。 安い賃金で働くこともあるそうだよ。

原材料のカカオを栽培している現地の人々が,カカオから作られるチョコレートは高くて食べられない・・・。 矛盾(むじゅん)を感じないかな。


調べてみよう

カカオの輸入 日本人が安く手に入れている食べ物の中には,海外の貧しい国の人々に支えられているものが結構あるよ。 良く聞くのは,バナナ,エビ,コーヒーなどじゃな。

日本のように経済が発展している国を先進国(せんしんこく)といい,発展をしている途中の国を発展途上国(はってんとじょうこく)と呼ぶんじゃ。 地球の北側に多い先進国は豊かなのに,南側に多い発展途上国は貧しくてな,その格差が大きな問題となっておる。これを南北問題というんじゃ。

先進国の豊かな生活は,ある部分では発展途上国のおかげだともいえるんじゃないかのぅ。 インターネットなどで調べてみると,色々なことがわかるかもしれんぞ。 知れば知るほど,食べ物を大切にする意味がわかって来るというものじゃ。

ただのぅ,先生は暑さが苦手じゃし,実際に多くのことを見たわけでもない。 できれば自分の目で確かめたいと思っておるが,なかなかそうもいかん。 インターネットや本で調べたことが本当に正しいのかどうかは,残念だが先生にもよくわからないな。 だから,何でも「正しい情報だ」と考えるのではなく,「正しい情報が手にはいるように注意深く調べる」ことが大切じゃ。


フェアトレード

フェアトレードの概念図 そこでじゃ,フェアトレードという取り組みを教えてしんぜよう。 フェアトレードとは,公正な貿易を意味しておる。 貧しい国から安くモノを買うのではなく,適正な価格で買い,そして売るわけじゃ。 そうすれば,発展途上国の人々にたくさんの仕事のチャンスが生まれるのぅ。

つまりだな,貧しい国にお金の援助をするというのではなく,そもそも発展途上国に豊富にある現地の技術や産物を公正に取引し,自立を支援するわけだよ。 食べものばかりではなく,民芸品などもフェアトレードの対象になっていて,もし近くにお店があるなら見に行けばいいぞ。 空港などにもお店があったりするみたいじゃ。

少し高いと感じるかもしれんが,発展途上国の人々の自立を支援することが理解できれば,フェアトレード商品を買ってみよう。 先生たちは素敵な商品を買って笑顔になり,発展途上国の人々は適正な価格で商品が売れて笑顔になる。 ちょっとしたことじゃが,少しでも南北問題の解決につながるとうれしいのぅ。

そうそう,このコーヒーとチョコレートはフェアトレード商品じゃよ。どうじゃ,現地の人々と少しは近くなった気がせんか?

みどりのどきどき・ワクワク:モノカルチャーって!?
ねえねえ,みんな,モノカルチャーっていう言葉を聞いたことがある?
“モノ”とは“1”とか“単”とか言う意味の英語で, カルチャーとはみんなが知っている文化などの意味のほかに“栽培・培養”という意味もあるんだって。 訳すと1つの作物を栽培しているという意味。

正確に説明すると,1つの作物や数種類の輸出物に輸出収入のほとんどを依存している国の産業形態のことを言うのよ。 発展途上国がそのほとんどみたい。
そのような国ができた要因の1つは,植民地を支配していた国が効率的に大量の農作物を入手するために植民地で単一の作物を栽培したり, 栽培するよう命じたことなんだって。

じゃあ,このモノカルチャーにはどんな問題があるのかしら?  まずは1つの作物だけを栽培するために,他の植物が排他されていくということ。 要するに,植物の多様性がなくなるということなの。野生の貴重な植物や, その地域特有の植物などが少なくなってしまうということは大きな問題よね。
そして一度農作物に被害が起きると単一栽培のため全滅の恐れがあり,経済的な打撃, 食料的な打撃も大きくなる可能性があるのよ。
環境への影響もあり,大きな畑で大量の作物を育てるため森林伐採や焼畑農業が木々の減少に拍車をかけ, 砂漠化の原因にもなってるんだって。

また,農作物は不作・豊作などで価格の変動は激しいから,経済的に不安定な状況になってしまうわ。 価格が高いときはいいけど,暴落した場合その生産国はひどい貧困に落ちいることがあるし。 こういったモノカルチャー経済の国々は,その形態からの抜け出すために工業化や多角化対策などの努力をしているんだけど, なかなか抜け出せない国も多いんだって。

私たちの生活の中にモノカルチャーの国々の作物がたくさんあるわ。私たちに出来ることって,なにかしら?? 食べ物を大切にする事じゃないかと思うの。 これからは,スーパーとかでも原産国などに注目してみよ!

※参考URL:
−上に戻る−